読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いったりきたりの話

ぬるっとした文章と写真を上げます 

季節に置いて行かれる

 

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222605j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222606j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222607j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222608j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222609j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222610j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222611j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222612j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222613j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222614j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222615j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222616j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222618j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222617j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222619j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222620j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222621j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160516222622j:plain

 

 

 

 

 

 

 抑圧を感じ、ふさぎ込んでいる間に夏になってしまった。

花が盛りで、鳥がたくさん飛び、子育てをしている。

 

 

 季節の変化は、身の回りの細かい要素の連続した変化によって成り立っている。

ふさぎ込んでいると、自分の回りの、必要な事以外はどうでもよくなってしまって、

小さい変化を無視してしまう。無視をしている間にそれが積み重なって、風景がガラッと変わっていて驚く。

 

 

 細かいところを無視してしまうと、本当に何もなくなってしまうので、それが悲しい。