読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いったりきたりの話

ぬるっとした文章と写真を上げます 

春先の雪

 

 この時期の雪は堪える。降る前日は20℃を超えていたのに、急に気温が下がり雪が積もったりすると、ビックリしてしまう。

 

 バスに乗って移動していると、中学生が大量に乗り込んできた。何だろうかと思うと、確か今日は高校受験なので、それでだろう。なぜか受験や入学の時期に雪が降った思い出が多い。大学受験の日には大雪だったし、小学校の入学式も大雪だった。

春の慌ただしい時期と大雪の記憶が重なっている。

 


 雪が降っていると遠景が霞んで、遠くが遠くらしく写る。そんな中住宅街を歩いていると、今歩いている道の先が見えなくなっていて、独特の風景が見られる。いつも感じる住宅街の無機質さが強調されていて、さみしい気分になった。

 

 

 

 

以下その風景

 

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094859j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094900j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094901j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094902j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094903j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094904j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311095854j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094906j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094907j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094908j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094909j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094910j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094911j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094912j:plain

 

 

 

 

 

f:id:karasugawa:20160311094913j:plain