いったりきたりの話

ぬるっとした文章と写真を上げます 

曇りの日

景色をすりぬけて②

いつも見ている風景でも、ふいにその同一性が破れて、新しい感慨が生まれる。

景色をすりぬけて

ぞくぞくする感覚があるとすれば、”風景”をすりぬけて何かが現れ出た時に感じられる。

住宅街の断面

切り立った崖のように、住宅街の込み入った構造が露出している。

故郷を失った人々へ

私は写真が好きです。それは、写真を撮る、という事を通じて、撮られた風景との繋がりを感じられる瞬間があるからです。これはとても不思議で、尊い感情だと思っています。なぜなら、私とその外界はとても離れているのに、まったく違う物なのに、その溝を乗…

彼岸前

panpanya 「狢」

先日、岡潔という人が書いた文章をまとめた本を読んでいると、こうあった。 「『価値判断』が古人と明治以降の私たちとで180度違うのである。 一,二例をあげると、古人のものは、 『四季それぞれよい』、 『時雨のよさがよくわかる』である。 これに対応す…

神奈川県の旅①

神奈川県に行った。考えてみると神奈川県には初めて旅行をした。 普段見ないコンビニ 歩いても歩いても住宅街だった。

山が見える

どこにいても山が見える。山が見える、山が見える。

暴力と知恵

ぶらぶらしていると、印象的な風景に出合うことがある。畑や果樹園の中を歩いていると、黒い布がずらずらと掲げられていることがある。気になって調べてみると、どうやら烏除けのようだ。烏が掲げられた黒い布を仲間の死骸と勘違いするため、作物に近づかな…

水がないということはない

降雨量の少ない季節に、地形的な要因で水が染み込みやすいところを流れる川は、地表を流れる水がなくなり、河道が全てむき出しになる。 夏になると、近所の川がその状態になるので、どうかなーと思って見に行ったが、全然そんなことはなかった。

お祭りに行った

日中はとにかく暑い 十年ぶり位に松本ぼんぼんに行った。 自分のすぐ横を、異様にテンションの高い人々が通り過ぎていく奇妙さに圧倒される。見ているだけでも楽しいし、酒が入っているのでなおさらだが、参加しないお祭りはどこかよそよそしく感じられて、…

暑くてかなわない

だいたいこんな感じです。

久しぶりに暗室

久しぶりに白黒写真をとっている。幾つかのブログを眺めているうちに、 しばらくぶりにやってみるか、という気分になったからだ。 やっているうちに、幾つか感じたことがあったので書きます。 ・成長 5年ぶりくらいに撮影、現像、引き伸ばしと一通りやってみ…

かっこう

3時くらいに目が覚めて、ぼんやりしていると、まだ暗い中からかっこう の鳴き声がして驚く。

panpanya 「新しい世界」

突然ですが漫画の感想です。 意味不明なものの持っている豊かさを考える。 生活の中でふと現れる意味不明なものを、面白いと感じる。 特にそのものが存在する理由を突き止めたりするわけではないが、 寝る前などにうっすら思い出してみたりする。 「新しい世…

日が長くて楽しい

日が長いと散歩がはかどって楽しい。

The Act of Killing を観た

全然纏まらないが、思ったことを書きます。映画を観てから読んでください。かれは自分の後悔を表明したがっている。暴力を振るって、人の尊厳を傷付け、そして命を奪った事への後悔を表明したがっている。過去に行った拷問や殺人を自ら演じた彼は、過去の自…

白む

このころは埃がおおく、それが日光に当たって風景が白む。

最終的に庭でビールを飲んだ一日

麦畑の中にはケシやヤグルマソウが生えていることが多い 植物が爆発的に増える季節になった ゴミ置き場 かわっぺりの荒地 川のすぐ横にたくさん咲いていた花 野生化したミント 川沿いはゴミが多い 新興住宅地 柔らかそうな葉っぱ シニアカー 家の基礎 謎のの…

季節に置いて行かれる

抑圧を感じ、ふさぎ込んでいる間に夏になってしまった。 花が盛りで、鳥がたくさん飛び、子育てをしている。 季節の変化は、身の回りの細かい要素の連続した変化によって成り立っている。 ふさぎ込んでいると、自分の回りの、必要な事以外はどうでもよくなっ…

あおっぽくなった

撮れる写真が青っぽくなった。

動物的なもの

人間の生き物に対する興味というのは並々ならぬものがあるなと思う。その中でも他のヒト個体に対する興味が特に高いのはよく知られているが、それ以外の動物に対しても気をひかれることが多い。だから意匠には良く動物が利用される。 狩猟採集で生計を立てて…

建物、街並み、その他

建物が連なると、同じような形が一定のリズムで並んでいることになる。 そうするとその建物が建っている土地の広さが感じられる。

風景の移植 

引っ越しが終わり、荷解きの作業をしている。思ったより荷物が多く、一度に整理する気にならなかったので、少しずつ毎日やっていく事にした。 「日用品」と書かれた段ボールの中身を出していくと、底にA4大の写真がいくつか入っていた。その中に前の住まいか…

いつのまにか建った家

3月まで住んでいたアパートの向かい側は崖になっていて、 その上には古い住宅が建っていた。 ある日その住宅が取り壊され、空間がぽっかりと空いてしまい、 眺めるたびに違和感があったが、すぐに普通の風景になっていった。 すると今度はそこに新しい住宅が…

散歩の風景

遠いとはなんだろうか。 遠い、という事を考えている。 視野の中心だけ解像し、あとはぼやけることだろうか。

春先の雪

この時期の雪は堪える。降る前日は20℃を超えていたのに、急に気温が下がり雪が積もったりすると、ビックリしてしまう。 バスに乗って移動していると、中学生が大量に乗り込んできた。何だろうかと思うと、確か今日は高校受験なので、それでだろう。なぜか受…

空間/景色

遠い